ステイマン (stayman)

パートナーが1NTでオープンした時にメジャーのフィットを探すためのコンベンションです。

1NTに対して2♣(=ステイマン)とビットして
メジャーの持ち方を聞きます。

1NT-2♣-
2♦:メジャー4枚なし
2♥:♥4枚あり(♠4枚はあるかも?)
2♠:♠4枚あり(♥3枚以下)


1NT側のメジャーの状況を聞くことでゲームに行く途中で3NTが良いのか4♥か4♠が良いのかもわかるようになります。

​1Cはクラブで7勝って意味ではない?

​ハンドの強さってどうやって数える?

​25点あったらゲームをおこう

2/1とスタンダード、プレシジョンetc...

コンベンションは時代とともに進化している

これさえ覚えておけば試合で立派に戦える。
しかも結構直観通りのコンベンションセットです。
一般の競技会で用いられるコンベンションセットです。
初級者向けよりも難易度は上がりますが、欠点が減っています。マスターすればビッドで困ることはほとんどないでしょう。
日本リーグや世界大会でも使われるコンベンションです。難しいので、こんなものもあるんだなあと思っておきましょう。使おうとしてもパートナーにうまく伝わらず事故が発生することも結構あります(笑)

​1Cはクラブで7勝って意味ではない?

​④介入編

②2/1 レスポンス

パートナーが1NTでオープンしました。

あなたは次のハンドを持っています。どうしましょう。

 

例1.

 

♠ AT96

♥ 32 

♦ QJ872 

♣ K2

 

点数は10点で、二人合わせて25点あるから、何かのゲームはやりたい。

♠が4枚あるから、パートナーももし4枚持っていたら4Sがやりたい。

でも♠がないなら3NTがやりたい・・・。そんな時はステイマンで聞いてみましょう!

 

2Cとビッドするといいでしょう。そのあともしパートナーから2Sと返事が来たら4Sと、

2Dか2Hが帰ってきたら3NTといえばいいコントラクトにたどり着けます!

(パートナーが♠も♥も4枚持っていても2Hが帰ってきますが、それでも3NTとおいて大丈夫!

パートナーは、あなたが♠4枚でステイマンしてきたことが確実なので、3NTに4♠とおきなおしてくれます。)

 

例2.

 

♠ AT9

♥ Q32 

♦ J872 

♣ K62

 

今回も点数は10点だけど、さっきとちょっと違いますねえ。メジャーが4枚ない・・・。

1NTといったパートナーが5枚メジャーを持っていることは普通ないので、3NTが目指すべきコントラクトに!

 

ステイマンせずに3NTといいましょう。

 

例3.

 

♠ T9

♥ QJ32 

♦ J872 

♣ Q62

 

今回はメジャーを持っている!でも残念ながら点数がないので、ステイマンしても意味ないのです。

ゲームがないので、目標は低いほうがいい。おとなしくPassをしましょう。

 

ここに書いていない例もいくつかありますが、すべてのパターンに対応できるようにシステムは作られています!
順番に知っていきましょう。

①2/1 オープニングビッド編

③コンベンション編