​5. クー (coup)①

5-1. クーとは

​クーはざっくり「いいプレイ」というような意味合いで使われ、さまざまな種類があります。比較的出てくるものからめったに見ないものまでありますが、どれもできたらかっこいい、そして問題集などでよく出てくるものです。最初はわかんなくても全然大丈夫!でももしこれがかっこいいと思えたら相当センスがあります。

5-2. 正当なクー

●バスクー (Bath coup)

バスクーは主にオープニングリードでK(Q)が来てかつディクレアラーがAJxを持っているときにAで勝たずKに勝たせる技術です。え、それだけ?と思うかもしれませんが、これが実際に有効であるシチュエーションはおおいです。おそらく一番出てくるクーでしょう。

●ベラドンナクー (Belladonna coup)

ベラドンナクーはスートコントラクトにおいて、サイドスートにKxとJxxが向かい合っているとき、Kの下のxからリードするテクニックです。あまり出てこない上に、難易度が高く、知らないでプレイで来たら天才クラスです。

●モートンズフォーククー (Morton's fork coup)

モートンズフォーククーは、ハイカードを持っているオポーネントに対して、リードしたカードのエスタブリッシュを許すか、サイドスートのエスタブリッシュを許すかの2択を突き付けるクーで、たまに出てきます。例を見たほうが早いでしょう。

●トランプクー (Trump coup)

トランプクーは、トランプコントラクトにおいて、サイドスートを使ってトランプのフィネスを行うクーです。割と気が付きやすいクーですが、実行するには条件が多く、プレイ序盤で見えていないと、気が付いたときにはもうできなくなっていることも多いです。

​●スマザープレイ (Smother play)

●デビルズクー (Devil's coup)

デビルズクーは、オポーネントが持っているQxxとJxのトランプを1勝もさせないクーです。自分からトランプを触ると絶対に1回は負けてしまいますが、サイドスートをつかうことでオポーネントのトランプを悪魔のように消していきます。

●シザーズクー (Scissors coup)

シザーズクーはディフェンダー側の相互のコミュニケーションを切断するクーです。

●ヴィエナクー (Vienna coup)

ヴィエナクーはスクイズ時にウィナーをキャッシュしてアンブロックするクーです。スクイズのほうが難易度が高いので、スクイズができる人は知らないうちにやっている人も多いです。

●クロコダイルクー (Crocodile coup)

​クロコダイルクーはディフェンス側のクーで、あえて不必要に大きいカードで勝つことで、パートナーがスローインされてエンドプレイにかかることから守るクーです。